拡張型心筋症・心筋緻密化障害という病を抱えた娘、碧生。多くの奇跡を起こすであろうその軌跡を記録していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.03.25 Sunday | - | - | - |
Aux Champs-Elysées!!
△体重 不明 測定されず
△利尿剤 4倍 変化なし
△吸入酸素濃度70% 変化なし
△胸水(左肺脇1cm程度)変化なし
△CTR(心胸郭比) 70% 測定なし 
○CRP値 0.28→0.20 
○麻酔指数 10(これまで)→8(昨日)→6

麻酔を減量しているので、時折手足がピクピク動く。
動く度に“あ、動いた!”と歓声。

保育器の周りは医療機器の電子音ばかり。
両親の声や音楽のない病院生活は味気ないから、と妻が碧生の耳元で
歌をうたった。
雛祭りの歌とチューリップの歌、それから何故かオー・シャンゼリゼ。
麻酔の和らぎ始めた碧生は、きっと楽しんでくれたはず。


今週末もまたまた嬉しいお祝いが届いた。

rasuku
ハラダのラスク、グーテ・デ・ロワ
このラスクは妻も私も大好物。世界一うまいから。
それから、4つ葉のクローバーのクリスタル。
眺めていると、幸せな私達に更なる幸せをもたらしてくれると思う。

reitousyokuhin
ダイニングプラスの冷凍食品。
ドイツのソーセージやフランスのケーキ、イタリアのピザなどなど、、。
冷凍フランスパンにびっくり。美味しくてまたびっくり。

美味しくて楽しい心遣い、本当にありがとう!!
2006.02.26 Sunday 21:14 | - | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2007.03.25 Sunday 21:14 | - | - | - |
 桃の花 と ピンクのチューリップ を 生けました。
そして、碧生ちゃんに届くように私も、♪雛祭り・チューリップ 歌いましたよ〜 ♪♪♪ 

 鉢植えのサクラソウ かたいつぼみから ようやく ピンクの花びらが のぞいてきました。特別寒い この冬でしたが、厳しい冬を のり越えたからこそ 春が待ち望まれます。うれしい春です!!

 碧生ちゃんも 少しずつ 少しずつ、春に向かっていこうね。ゆっくりでいいからね。 ゆっくり・・・ね
 
 
| ゆっくり・・・ | 2006/02/27 3:17 PM |

味気ないモニター音や物々しい設備・・・。
そんな中でのお母さんの優しい歌声は、きっとあおいちゃんにも安心するものであったでしょうね。

保育器の中のあおいちゃんには、ご両親はどのくらい触れることが許されているのでしょうか?
インファント・マッサージというもの、ご存知でしょうか?
ご両親が赤ちゃんに触れてあげることで、赤ちゃんが健やかに育つようお手伝いをしようというものです。
日本ではまだまだ認知度は低いようですが、親子の触れ合いってすごく大事なものだと思います。
病院ではいろいろ制限もあるとは思いますが、許される限り、あおいちゃんに触れてあげてくださいね。
(私も息子にやってますよ〜。)
私たちはココ→http://iaim.jp/index.html の協会の先生にマッサージを習いましたよー。

冷凍パン、美味しいんですか!!
以前から興味津々でした。食べてみたい!!
| saku | 2006/02/27 4:05 PM |

あおいちゃん、今日もがんばってくれたね。
毎日ページを開くたびに、○を確認することが出来てとても嬉しい!
毎日毎時大きな挑戦を続け、奇跡を起こし続けているあおいちゃんを見ると、私自身も前に進まなきゃ!と突き動かされる思い
です。
ありがとう、あおいちゃん。
| ゆか | 2006/02/27 4:37 PM |

>ゆっくり・・・さん
コメントありがとうございます。
碧生もこの厳しい冬を乗り越えたら、きっと穏やかな春が来るはず。
いけてくださった桃とチューリップが咲く頃には、きっと良いご報告が出来ると思っています。
ゆっくり・・・顔晴りますね。

>sakuさん
面会は1日30分。保育器の窓から手を入れて撫でてあげられる程度です。
血圧、心拍測定のコード、点滴や管がついているため、触れられる場所には制限があります。
インファント・マッサージ、素晴らしい考え方ですね。無事退院出来たら、やってみようと思います。

>ゆかさん
今日も体重が減って、「○」がつきました。
碧生なりにゆっくり回復しています。
「○」が増えるたびに私達と同じようにゆかさんにも喜んでいただけて、二重の幸せです。
いつも励ましをありがとうございます。
| efes&efes妻 | 2006/02/27 7:53 PM |










http://efes.jugem.jp/trackback/30

このページの先頭へ