拡張型心筋症・心筋緻密化障害という病を抱えた娘、碧生。多くの奇跡を起こすであろうその軌跡を記録していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.03.25 Sunday | - | - | - |
挑戦する命、新たな生命
東京都に在住で、碧生と同じ「拡張型心筋症」の愛ちゃんという子が
アメリカでの心臓移植手術に挑戦しようとしている。
生後8ヶ月の女の子だから、碧生の同級生だ。

碧生の夢でもある心臓移植手術。
体が小さく搬送に耐えられない碧生にはまだまだ先の機会。
心臓移植手術は成功率が高い訳でもないし、もちろんそれで根治をする訳でもない。
しかし可能性がそこにあるなら、挑戦するに決まっている。
同じ親として、私達もささやかながらその挑戦を応援をすることにした。

昨日、兄から連絡があった。
兄夫婦の次男坊が予定日より1週間ほど早く無事生まれたらしい。
健康な子のようでホッとした。メールにはベビーの顔写真がついていた。
一瞬、横にいた妻には伝えることをためらったが
メールの内容を伝え、写真を見せると、
「おでこ周りが兄に似てとてもかわいい!」と歓声をあげ、
健康なことを知ると「良かった、良かった」と繰り返す。
心の底から喜ぶ妻を誇りに思うと共に、
このベビーには健やかに成長して欲しいと願う。

apoi060308
今日の歌は“おもちゃのチャチャチャ”

efes
2006.03.09 Thursday 17:26 | - | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2007.03.25 Sunday 17:26 | - | - | - |
奥様は貴方様が旦那様で・・
お子様は貴方様がお父様で・・
世界一お幸せだと思います☆
奇跡はきっと起こります!!
| 桜 | 2006/03/09 5:49 PM |

碧生ちゃんのキセキを祈っています。
私も昨年1児の親になりました。
親ってなんだろうってこのブログをみてから
真剣に考えるようになりました。
キセキは必ずおこる!!
碧生ちゃんはこんなにすばらしい両親に愛されているのだから・・・
がんばれ! 碧生ちゃん。
| masato | 2006/03/09 10:08 PM |

あおいちゃん、今日もたくさんがんばってくれたね。
スヤスヤ眠りながら、ママの手に優しく撫でられ、ママの歌を聴くあおいちゃん、とても幸せそうですね。
あおいちゃんの幸せがずっとずっと続きますように。
あおいちゃん、今日もありがとう・・・。
| ゆか | 2006/03/09 11:06 PM |

移植を待つお子さんがいる中、日本ではどうすることもできない現実にいつも疑問を感じてしまいます。
ほんの少しでも望みがあるのなら、それにかけようと思うのは親であれば当然ですよね。
日本にも移植を行える技術はあるはずなのに倫理や制度の問題に阻まれてしまう・・・。
なので縁があって、移植の機会を得た方には、いつも手術が成功することを祈らずにはいられません。
愛ちゃんにも、がんばってほしいです。

あおいちゃんは今日はどんな歌を聴いたのかな。
九州はだいぶ暖かくなってきたようですね。
キセキはまだまだこれからもある!
いつもそう信じて応援してます・・・。
| saku | 2006/03/10 5:15 PM |

あおいちゃん 今日も良く頑張ったね
ママとパパが短い面会時間の間にあおいちゃんの頭を撫ぜたり握手をしたり歌を聞かせてくれたりと嬉しいよね。   あおいちゃんにキセキが来る事を信じて本当に沢山の人達が応援しているので明日も頑張ろうね
| nobo | 2006/03/10 6:47 PM |


>桜さん
コメントありがとうございます。
私は碧生の声を聞いたことがありません。
妻も産声をかすかに聞いただけで、碧生がどんな声を出すのかは
想像するしかありません。
もし碧生が喋れて、そんな風に言ってくれるのだとしたら、、。
思い浮かべるだけでも幸せなことです。

>masatoさん
コメントありがとうございます。
父親は特に、いつ親を実感するのでしょうね。
命が救えるのであれば、何でもする用意はあるのに、
傍で祈ることしか出来ない無力感に打ちのめされます。
masatoさんのお子様の健やかな成長をお祈りいたします。

>ゆかさん
コメントありがとうございます。
最近は大人の歌も交えています。
“夏が過ぎ 風あざみ だれの憧れにさまよう、、”季節はずれですが。
碧生は静かに聴いています。

>sakuさん
コメントありがとうございます。
仰るとおり、碧生も含めて日本の現在の制度によって機会を奪われている命は多数あります。
一方で愛ちゃんのサイトを覗いてみると、募金額がどんどん増えています。
善意ある方が日本に大勢いるということ、改めて嬉しく感じます。

福岡は今日も晴天。夕方から碧生に会いに行きます。

>noboさん
コメントありがとうございます。
応援いただいているお蔭で、先生方の予想を超えて碧生は生命をつなげています。
これもひとつのキセキ。
これからも温かく見守ってください。
| efes | 2006/03/11 2:10 PM |

sakuさんと同じように、日本の移植手術の制度に、疑問を感じてしまいます。
それぞれのご両親さまの辛さは、口では表せない辛さだと思います。

今回、愛ちゃんのお母様が、娘達の通う教師だったことを知り、そして愛ちゃんのように頑張っている碧生ちゃんを励ましたくて、願いを込めてメールしました。
同じ心臓障害で辛い経験をした親として、お子様達が娘達のように、元気に過ごせる日々が訪れることを信じております。
| sayuri | 2006/03/14 2:04 AM |

>sayuriさん
メッセージ、応援をありがとうございました。
昨夜、碧生は初めて我が家に帰ってきました。

同様の経験をお持ちのsayuriさんの応援は、心強いことと思います。愛ちゃんが、元気になって、また家族と共に笑顔で過ごせることを私達もお祈りしています。
| efes | 2006/03/14 11:59 PM |










http://efes.jugem.jp/trackback/37

このページの先頭へ