拡張型心筋症・心筋緻密化障害という病を抱えた娘、碧生。多くの奇跡を起こすであろうその軌跡を記録していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.03.25 Sunday | - | - | - |
碧空
3月13日午後7時54分。
私達の腕の中で、碧生は長い闘いを終えて深い休息に入りました。
昨日は天気予報では雨、そして雪。
しかし昼過ぎに、碧生が生まれた日と同じように一瞬、碧い空が広がりました。

aoinosora

予報どおりに雪が舞い始めた夕方頃、脈拍が落ち始めたのを先生が確認し、
初めて保育器から出してもらいました。
そのまま、私達の腕の中で目を閉じ、静かに眠ったまま、呼吸を止めていきました。

その夜、私達は初めて家族で川の字になって寝ました。
小さな寝顔を初めて真横で見て、
家族というものがこんなに幸せなものかと改めて思いました。
「碧生は奇跡をおこしたけれど、本当は碧生の存在そのものが奇跡だったのかもね」と
妻が言います。私もそう思います。
これほどの幸せをくれた碧生は奇跡の体現だったのだと思います。

今夜、妻は碧生に一等賞をあげました。

いっとうしょう あおいちゃん 2006年3月14日

あなたはパパとママのところにうまれてきてくれて
いっしょうけんめい、いっしょうけんめいびょうきとたたかってくれて
パパとママにたくさんのしあわせとゆうきをくれました。
そのことをパパとママはずっとわすれません。
あおいちゃん ほんとうにほんとうによくがんばってくれてありがとう。
あおいはパパとママのえいえんのほこりです。

今、隣で妻は案内図を描いています。
碧生が生まれ変わるときに、迷わず私達を見つけられるように
写真の横に私と妻の特徴を記したものです。
せがたかい、まゆげがふとい、おでこがひろい、えくぼがある……。
けど、そのためには私と妻がもう一度結婚しなければなりません。
そのことを妻はわかっているのでしょうか。
妻さえOKであれば私はいつでも喜んで一緒になります。
そしてまた碧生を、今度は元気な体で迎えてあげたいと思います。
ひらがなで書いてシールで飾った一等賞と案内図を、妻は棺に添えるつもりです。

2月に病名を知らされた時、実のところ、その重さに途方に暮れていました。
しかしながら、この場で多くの方に温かい応援・励ましをいただきましたことで
私達は大変勇気づけられました。
おかげさまで今、碧生の最期を感謝と笑顔で見送る決意ができています。
本当にありがとうございます。

私達が頂きました幸せ以上に皆様方にも沢山の幸福があることをお祈りし、
感謝の言葉に代えさせていただきます。

efes
2006.03.14 Tuesday 23:02 | - | comments(13) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
2007.03.25 Sunday 23:02 | - | - | - |
今はただ、涙が止まりません。
でも私も、碧生ちゃんの事、碧生ちゃんとご両親がくれた勇気をずっとずっと忘れない。
あなたたち三人を、心から尊敬し、誇りに思います。
何時の日か、生まれ変わった碧生ちゃんは、迷うことなくお二人を見つけ出すでしょう・・・絶対に、です。
あおいちゃん、たくさんたくさんがんばってくれてありがとう。
碧生ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
| ゆか | 2006/03/14 11:59 PM |

あおいちゃん、あおいちゃん、あおいちゃん!!
頑張ったね。偉かったね。
あおいちゃんが、くれた沢山のキセキと愛情を
ずっと忘れないよ・・ごめんね・・
何もしてあげられなくて・・

ご両親様・・沢山の本当の愛情を
教えてくださった事を心から感謝いたします・・
本当に本当に素晴らしいご家族です。
あおいちゃんのご両親様も1等賞です☆☆
・・本当に何も出来なくてごめんなさい・・
あおいちゃんのご家族が大好きです☆
| 桜 | 2006/03/15 12:01 AM |

今はただ、残念で悔しくてなりません。
でもあおいちゃん、よくがんばりましたね。
小さい体で一生懸命・・・。
あおいちゃんが天国で、痛みも苦しみもなく穏やかに暮らせるよう心からご冥福をお祈りいたします。

ご両親も、本当にお疲れさまでした。
あおいちゃんへの愛情の深さに、感動しました。
素晴らしいご両親の元に生まれ、あおいちゃんも幸せだったと思います。
案内図があれば、あおいちゃんはまたきっとまたご両親をみつけられますね・・・。

あおいちゃん、efesさんご夫妻、沢山の勇気と奇跡をありがとうございました。
| saku | 2006/03/15 6:29 AM |

碧生ちゃん あおいちゃん ありがとう
本当に悔しいです 残念です 今でもどうしてって思います
天使として見守っていてね
西の方の空に一段と輝くお星様を探したあれが碧生ちゃん
だと思い眺めて行くからね
勇気と感動を有難う 安らかに 有難う
パパ、ママ もありがとう お疲れさま
| の | 2006/03/15 7:47 AM |

残念です。
桜の写真を撮り、碧生ちゃんに観ていただきたかったですが・・・
毎日、奇跡が起こり回復してゆくことを祈らせていただきましたが・・・。
今はただ、祈りが通じなかったことへの悔しさが、言葉を失わせています。

悔しくて使いたくない言葉ですが、碧生ちゃんの御冥福をお祈りしますとだけコメントさせていただきます。

| しゅう | 2006/03/15 3:10 PM |

遠い所へ旅たったあおいちゃん
生まれて僅か40日程度の短い炎だったけど驚異的な生命力
で頑張ったあおいちゃん 安らかにおやすみ
あおいちゃんの事、絶対に忘れないよ
黒々とした髪の毛、ママ似の大きな瞳、太い眉毛、等 焼き付けているよ こんなに寂しく悲しい事はない
碧生ちゃんもう一度 有難う あおいちゃん最初で最後です
さようなら
| のりお | 2006/03/15 9:19 PM |

ごめんなさい、本当にごめんなさい。m(_ _)m
すれ違いで、失礼なメールを差し上げてしまいました。
とても、とても残念です。
| sayuri | 2006/03/16 12:46 AM |

頑張ったね、碧生ちゃんきっと、生まれ変わっても、絶対efesさんご夫妻に生まれてきますよ、碧生ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
看護婦になる姪っ子は泣きながら、プログを見て、何かを感じとってます、少しでも碧生ちゃんの様な子供たちの,
役に立ちたいと....
| チャンバラレッド | 2006/03/16 6:57 PM |

私的に 逃げてはならない現実です。

あおいちゃん チカラをありがとう。

efes夫妻 ご夫妻の勇気、碧生ちゃんへの愛
ただ ただ 尊敬いたします。

碧生ちゃんとefes夫妻を知って
多くの 勇気とチカラを頂きました。

私だけでなく 多くの方の心に碧生ちゃんが
生きた証として、大きなものがのこったはずです。

碧生ちゃんは efes夫妻のところへ 迷いはしないでしょう
こんなに大きな 愛という目印があるのですから。。。



本当に ありがとうございました。

あおいちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。




| 井野 仁之 | 2006/03/16 7:20 PM |

追記させていただきます。
来週、私の従弟に子供が生まれます。
碧生ちゃんの生まれ変わりと思い、可愛がってあげたいと思ってます。
御両親、御親族の皆様の落胆は、私たちの想像を超えるものと思います。
しかし、碧生ちゃんの分まで、皆さんが長生きされますよう、お祈り申し上げます。
| しゅう | 2006/03/17 4:24 PM |

本当に本当に更なる奇跡を信じてました。
でも、あおいちゃんは、絶対にどんなに短い命であったとしても、この世にうまれいでることができ、パパのままの腕に抱かれることができて幸せだったと思います。
今度は迷わずパパとママのところに元気にたどり着く奇跡を
信じてます。
| mikiponmama | 2006/03/17 4:57 PM |

 かわいい、かわいい天使になった碧生ちゃん。

私達は、あおいちゃんが 生きた39日という短い間に
どれほど多くのことを、学ばせてもらったことでしょう。

 あおいちゃんが、一生懸命に生きようと頑張った姿を
目の当たりにして 命のおもみ、たいせつさ。
自分の命にかえても子供を助けたいと願う親の愛情のふかさ・・・
そして 見ず知らずの多くの人々が
毎日「あおいちゃん がんばって」と
奇跡を 祈りながら、ブログをみにきたことも。 
私達の心を 真剣に、やさしく人を思いやる気持ちに
させてくれたのは、あおいちゃんです。

 そして このブログをみたあと、当たり前に生きている
ことに感謝できるようになれたのも 
あおいちゃんが 教えてくれたのです。

 碧生ちゃんは ほんとに 多くのことを わたしたちに
遺してくれました。
ありがとう。ありがとう。

 先にいく人は 遺った愛する人の守護神になり
いつまでもそばにいてくれるそうです。
あおいちゃんは、これからも ずっと ずっと
大好きなパパとママと一緒ですね

 
 碧生ちゃんの奇跡を信じ願いながら、このブログを
応援してきたみなさん これからも いまのやさしい、
人をおもいやる気持ちをずっとずっと もち続けて
いきましょうね。
 そういうことを、あおいちゃんは 喜んでくれるような
気がします。 

あおいちゃん ありがとう。  
| ゆっくり・・ | 2006/03/18 12:37 AM |

今、悔しくてなりません。私もかわいいあおいちゃんを抱っこしてあげたかったのに、と。

最初は、あおいちゃんをこんなに早く青空に返してしまった目に見えない力に対して、憤りを覚えと悲しみでいっぱいになりました。

しかし、あおいちゃんとご夫妻の”運命”などものともしない日々の頑張りは、何者よりも崇高なものでしたね。あおいちゃんが小さな体で頑張ったこと、生きることに対する力を与えてくれたこと、決して忘れません。

あおいちゃんへ
がんばったね。
また、生まれ変わったらやさしいお父さんとお母さんの所にうまれてくるね。

それまで、あおいそらからぱぱとままをまもってあげてね。
| ソメ | 2006/03/18 8:30 PM |










http://efes.jugem.jp/trackback/39
『あおくひかる天使にささぐ』
タイトル『あおくひかる天使にささぐ』 サブタイトル「星空の子守り詩 - 2006」 「なかないで」と、 やさしさをおぼえた天使が言った。 みつめてくれた、そのまなざしで 「ほら、みあげて」と、 語りかけてくれた。 あたたかく握られた拳には小さな宇
| 宇宙の粒 | 2006/03/17 6:19 AM |

このページの先頭へ